【公立・愛知県立大学大学院情報】専攻の種類・倍率・学費・試験概要・過去問・スケジュールを解説!【看護学研究科看護学専攻】

スポンサーリンク
だるまんの勝ち組コーチング

こんにちは、だるまんです。

本記事では愛知県立大学大学院看護学研究科看護学専攻の種類・倍率・学費・試験概要・過去問・スケジュールなど、受験全般について解説をします。

この記事の内容

大学院の基本情報、試験概要、受験にお役立ち情報、よくある疑問の4本立てで受験全般について解説します。

この記事を読んで得られること

愛知県立大学大学院看護学研究科看護学専攻の受験全般を把握できる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学院の基本情報

専攻名【公立】愛知県立大学大学院看護学研究科看護学専攻
所在地〒463-8502
名古屋市守山区上志段味東谷
アクセス愛知環状鉄道「高蔵寺」駅下車
問い合わせ先愛知県立大学 学務課
TEL:052-778-7101
kyoumukango@nrs.aichi-pu.ac.jp
愛知県立大学公式サイト
看護学研究科サイト

どのようなコースがあるの?

まず、修士課程2年、博士課程3年となっています。

取得できる資格は?

取得できる資格は、下記のとおりとなります。

資格名課程分野
 認定看護管理者修士認定看護管理者コース
がん専門看護師(CNS)修士がん看護専門看護師コース
家族看護専門看護師(CNS)修士家族看護専門看護師コース
老年専門看護師(CNS)修士老年看護専門看護師コース
精神看護専門看護師(CNS)修士精神看護専門看護師コース
保健師国家試験受験資格修士高度実践コース
助産師国家試験受験資格修士高度実践コース

専攻分野とは?

試験概要

まずは募集要項の内容を抽出してみました。

募集要項

コース修士課程博士課程
授与学位修士博士
定員21名4名
入学月4月4月
履修期間2年3年
選抜方式一般選抜
社会人特別選抜(※臨床経験10年以上)
一般選抜
出願期間令和3年7月30日(金)~8月6日(金)令和4年1月5日(水)~1月13日(木)
試験日令和3年9月11日(土)令和4年2月12日(土)
合格発表令和3年9月22日(水)令和4年2月24日(木)
初年度納入金81万7800円
(入学金28万2000円、授業料53万5800円)
81万7800円
(入学金28万2000円、授業料53万5800円)
長期履修学生制度ありあり
最新の募集要項令和4年度募集要項令和4年度募集要項
過去の募集要項令和3年第二次募集令和3年募集要項

※上記の内容は、過去の募集要項を参考にしています。新年度の募集要項は公式サイトにてご確認ください。

試験倍率は?

募集要項に公表されている入試データを参考にしています。

※「倍率 = 志願者数 ÷ 合格者数」

修士課程博士課程
募集人数21名4名
受験者数18名2名
合格者数15名2名
倍率1.21.0

試験倍率は、修士課程1.2、博士課程1.0です。

あくまで試験倍率は目安なので、この数値に捉われず試験対策はしっかり行いたいところです。

試験科目は?

英語小論文専門論文読解面接
修士課程
修士課程(社会人特別選抜)
博士課程
試験時間60分60分60分30分15~20分

※英語試験は、英和辞書1冊のみ持ち込み可(但し電子辞書は不可)です。

受験にお役立ち情報

大学院説明会はいつ?

毎年5月頃に開催されており、詳細は公式サイトにて公表されます。

時期2021年5月29日(土)
事前申し込み

説明会の詳細はこちらで確認できます。

事前面接は必須?

募集要項には下記のように記載されており、事前面接は必須です。

出典:2020年度募集要項

研究指導担当教員の名簿は、募集要項に掲載されています。

教員一覧紹介はこちら

事前面接の取り組み方はこちらの記事にまとめています↓

募集要項の取寄せ方法は?

公式サイトで募集要項の閲覧をする、ダウンロードは可能ですが、出願書類として使用することは出来兼ねます。

出願される方は、別途紙媒体の募集要項の取り寄せが必須となります。

募集要項の取寄せは、テレメールから行うことが可能ですが、募集要項請求の受付は出願締切日の1週間前までなので、早めに行うことをおすすめします。

詳しくはこちら

過去問取寄せ方法は?

過去問題は、データの提供または郵送での提供は行っておらず、窓口での閲覧が可能で、事前に守山キャンパス学務課までの事前連絡が必要となります。

閲覧場所守山キャンパス|学務課
〒463-8502
名古屋市守山区上志段味東谷
TEL|052-778-7102
閲覧できる内容看護学研究科(博士前期課程)(秋季・春季)
看護学研究科(博士後期課程)
閲覧可能時間平日 9:00~17:00

よくある疑問

働きながら通える?

愛知県立大学大学院で、働きながら進学するには下記の制度を利用する方法があります。

  • 修学承諾書を提出する
  • 長期履修制度を利用する

修学承諾書を提出するとは?

愛知県立大学院では、社会人が就業と修学を並行するための昼夜開講制度は行っていないですが、在職先から修学承諾書を提出することで、働きながらの進学が可能になるようです。

ただし、自分勝手に決めて提出することはできず、志望先の教授との話し合いのうえで決めることであるので、受験前にその旨を志望先の教授に事前相談することです。

長期履修制度を利用するとは?

長期履修制度では、修業年限を延長して働きながら進学することが可能です。

例えば、修士課程2年が標準修業年限ですが、それを3年または4年に延長することができます。

このように修業年限を延長することで時間的な余裕ができるので、働きながら、子育てや介護をしながら大学院進学をすることが可能となります。

学費も総額は変わらず、延長した年限分で分割した学費の支払いが可能になるので、学費負担が減るのもメリットとなります。

長期履修制度については、合格者全員に案内通知が届き、希望者は別途申請が必要になりますが、あくまで教授との話し合いで決めることですので、受験前に行う事前相談の場で教授に相談すべき事柄のひとつとなります。

長期履修制度についてはこちらの記事にまとめています↓

学費はどれくらい?

学費は、下記の通りとなります。

修士課程(2年)博士課程(3年)
入学金282,000円282,000円
学費/年535,800円535,800円
合計1,353,600円1,889,400円

これ以外にも、入学後に教科書代、研究室毎に回収する慶弔費やお茶代などがかかります。

奨学金制度はある?

下記の奨学金が紹介されています。

  1. 修学支援新制度
  2. 日本学生支援機構の奨学金
  3. 各種団体の奨学金
  4. 「はばたけ 県大生」奨学制度

詳しくはこちら

奨学金には、学校卒業後に返還が必要な「貸与型」と返還が不要な「給付型」があります。

給付型は基本的に競争率が高いので、早めの準備でエントリーすることをおすすめします。

子育て中でも大丈夫?

子育て中で大学院進学されている方はおり、どの大学院でもある程度の理解と協力は頂けると思いますが、育児をサポートしてもらえる家族や周囲の態勢を整えておく必要はあります。

入試担当者や学校説明会へ参加された際もしくは事前面接時に、子育てでの修業が可能かどうかを質問してみると良いと思います。

2・3流大卒でも合格できる?

過去問を閲覧することができるので、試験対策は十分にできると言えます。

卒業学歴関係なく、希望されるようであれば合格は十分可能、ぜひ、挑戦して頂きたいです。

学士がなくても進学できる?

基本的には学士が必要な大学院ではありますが、学士がない場合に大学院志願をする方法があり、下記の2つの方法が検討余地となります。

  1. 出願資格認定審査を受けて大学院受験をする
  2. 学位授与機構で学位を取得する
  3. 学士を取得してから大学院受験をする

出願資格認定審査を受けて大学院受験をする

大学院受験では、学士がない方の受験者を対象に出願資格認定審査を行っており、一般受験前にこの審査を受けて通過できた場合、学士がなくても大学院受験をすることが可能です。

詳しくはこちらの記事にまとめています↓

学位授与機構で学位を取得する

必要単位を集めて学位授与機構で「看護学」の学位を取得する方法があります。

こちらの記事で学位授与機構での学位取得方法を紹介しています↓

学士を取得してから大学院受験をする

大学の3年生編入または通信大学で学士を取得してから大学院受験をするという方法もあります。

看護教員になることを希望される方にとっては、学士の学歴も就職の際に大事な評価要素になりますので、時間と労力とお金はかかりますが、こちらの道は将来的にもおすすめです。

問い合わせ先

受験に関する不明な点については、積極的に問い合わせをしましょう。

問合せ先

愛知県立大学 学務課
〒463-8502
名古屋市守山区上志段味東谷
TEL:052-778-7101
kyoumukango@nrs.aichi-pu.ac.jp

まとめ

以上、愛知県立大学大学院看護学研究科看護学専攻の受験全般の解説についてでした。

愛知県立大学は看護合格率が全国で高い実力のある大学で、看護大学院受験でも人気のある大学院です。

愛知県の特性を生かしたグローバル人材の育成や、臨床の高度実践者となる専門資格取得コースが多数設置されており、その教育を受けた卒業生達がさまざまな分野でたくさん活躍されています。

東海地域での受験を検討される方は、ぜひ受験校に検討されてみては如何でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました