【看護大学院受験】看護師・保健師・助産師の方必見!仕事にストレスを感じたら、今すぐ辞めることです【低ストレスに生きる】

スポンサーリンク
だるまんの勝ち組コーチング

こんにちは、だるまんです。

毎日、今の仕事に、人知れず懊悩する日々、ストレスを感じていたら、思いっきり辞めることです。

この話に、本当に心から辞めたいと思う人は大勢いると思いますが、実際に、辞めると決めたら、頭をよぎるものがいくつもあって、辞めたくても辞められないのが現実だと思います。

生活費、家賃、学生ローン、住宅ローン、子供の養育費、親への仕送り等など…のうちに、いくつあてはまりますか?

数が多ければ多いほど、少なかったら少ない割に、不安は付きまとうものです。

その不安の根本である「お金」の稼ぎ方を変えることで、もっとストレスの少ない、低ストレスで生きることができます、その方法を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事を辞めたら、しあわせになる理由

この記事を読む対象

この記事は、今、仕事にストレスを感じている、つらいと感じている方に向けたメッセージです。

今の仕事に満足している、楽しいと感じている方はそれでよし、この記事を読むのは時間のムダになりますので、ここまでで大丈夫です。

お金の奴隷

仕事を辞められないとしたら、一番の理由は、基本的に「お金」です。

お金があれば、それなりに欲望を叶えることができます。

欲しいものを手に入れたり、体験できたり、誰かを喜ばせることもでき、QOL高い人生を送るうえでは、なくてはならないものであることは、事実です。

だから、いくらストレスがあったとしても、その引き換えに満足できる報酬、「お金」があれば、頑張って耐えようと思ってしまうのが、現実話です。

でも、その現実話に天井はありますか?

ないです。

結局、私たちは自分の底なしの欲望をかなえるために、嫌でも仕事を続ける…

知らず知らず、お金の奴隷になっています。

人間関係のストレスにより、精神、心がボロボロに傷つき、蝕まれていることに気づかないまま…

みんなもそうだと錯覚しつつ…

いったん足を止めてみよう

自分という人間観察

今の仕事が楽しくない、つらいと思ったなら、今すぐ辞めるべきです。

ストレスフルな環境から、早く、自分を解放することです。

そして、いったん手を止めて、足を止めて、「自分」という人間観察をしてみることです、子供の頃の朝顔の観察日記のように。

どういうことに幸せを感じるのか。

どういうことにストレスを感じるのか。

何をする時が一番楽しいのか。

何をする時が一番苦しいのか。

人と関わるのは好きか嫌いか。

大勢派なのか少人数派なのか。

アウトドア派なのかインドア派なのか。

どれくらいのタスクがストレスを感じないのか…

自分という人間の性を知れば、その基準に合わせて人生選択をしていけば、生きることにラクになります。

こんなに簡単なことなのに、自分の容量を知らないから、他人と比較はするものの、方法はわからず、同じものをすべて取り入れようとする欲望に支配されて、それが得られなかった時には、心も身体も精神も苦しくなるのです。

社会の足枷から自由になろう

人並み以上に稼いで、社会的地位や名誉も得て、一人でも多くの人と繋がって、欲しいものを欲しいだけ手に入れ、可視化して実現していくことが、幸せな生き方だと信じているとしたら、それって、いつまで続くと思いますか?天井がないのに…

頑張って人並み以上に稼いで、社会的地位や名誉も得て、一人でも多くの人と繋がって、欲しいものを欲しいだけ手に入れ、可視化して実現していくことが幸せだと思っていたとしても、本当の自分の手の長さを知らなければ、それは長続きする幸せにはなれず、自分で自分を苦しめているにすぎないのです。

このように、社会の通念=固定概念という足枷から抜けられず、これが当たり前の生き方であると、言い聞かせながら過ごしている人々は、意外と多いと思います。

結局、社会から見られている自分、つまり、人の目を気にして生きているということです。

早く、自分からその輪っかを外すことです。 

その開放感から、本当の幸せに一歩ずつ近づけるはずです。

ある哲学者の言葉「富は海の水に似ている、飲めば飲むほど喉が渇く。」、つまり、キリがないのは、幸せではなく、ストレスになるということなのです。

私見ではありますが、真の幸せとは、低ストレスで生きる…

  • アルバイトも正社員も依頼できる
  • 一律29,800円で追加料金なし
  • 相談から退職までスマホで完結
[退職代行の決定版]労働組合法人が運営する安心安全の退職代行ガーディアン

タイトルとURLをコピーしました