【院生 名刺入れ】国内ブランドのメンズ名刺入れ8選&ギフト対応可ショップ2選【名刺入れ 男性用 プレゼント 自分用】

スポンサーリンク
【院生 名刺入れ】人気&おすすめ国内ブランドのメンズ名刺入れ8選&ギフト対応可ショップ3選【名刺入れ 男性 彼氏 夫 プレゼント 自分用】 大学院生活に役立つ情報

こんにちは、だるまんです。

大学院生になったら買い揃えておきたいアイテムのひとつに名刺入れがあります。

大学院生になるとどの分野でも必ず名刺は作成するもので、大学院生期間中は研究室の来客や研究関連の施設、他大学院の院生同士等など、大勢の方々とのご挨拶時に欠かさず使用する必須品です。

名刺入れは、名刺交換時にさりげなく垣間見られる、その人の品格を表すものでありますので、大学院のステータスを感じられる名刺入れがおすすめです。

大学院へ合格した自分へ、クリスマスや誕生日等、記念になるギフト用に、男性の目線から、女性の目線から、両方でおすすめしたい男性用名刺入れ8選ギフト対応可のおすすめショップ2選を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

院生用名刺入れを選ぶポイント

大学院生の名刺入れ選びのポイントをまとめてみました。

  • ビジネス業界ではないので、個性を出しても差し支えない
  • 院生入学時に購入した名刺入れは、最低5年使用するので、長らく使用して味が出る革製がいい
  • 価格相場:1.5万円~3万円
  • 色:黒・茶に限らず、どのような色でも可
  • この時こそ持てるブランド品なので、長らく愛用できるよう拘りたいアイテム

人気&おすすめ国内ブランド8選

① TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

1984年に菊池武夫氏が設立した日本のメンズファッションブランドTAKEO KIKUCHIです。

トラディショナルな英国風スタイルが特徴として、日本の高いモノづくり技術と品質の良さは世代が変わっても多くの男性ファンから指示されており、ひとつは持っておきたいブランドでもあります。

さりげなく、持ち物にTAKEO KIKUCHIのイニシャルが入っているだけで、おしゃれ感とセンスの良さを感じられるので、おすすめしたいブランドです。

光にあてると見え隠れする シェパードチェック柄が特徴で、薄さを追求した名刺入れです。

② PORTER(ポーター)

1906年創業の日本の鞄メーカー「株式会社吉田」の通称「PORTER」は、国内生産を貫いた自社ブランドで、「TANKER」も展開しています。

美智子皇后さまが婚約前に愛用していた鞄、黒澤明の『天国と地獄』で小道具として使用された鞄の製作をしたメーカーとしても知られていた歴史あるブランドです。

創業者の吉田吉蔵氏に引き継ぎ、現在、世界の鞄事情を学ぶためイタリア留学をしてきた長男の吉田滋氏、慶應商学部卒で入社した次男の輝幸氏、三男の吉田克幸氏の活躍で、数百種類の製品が生まれました。

国内生産を誇る品質の高さと実用性、デザイン性、コストパフォーマンスの高さから、年齢層関係なく愛用者が多い確かなブランドです。

シンプルなデザインがオシャレで、触り心地よし、実用性よし、コスパよしの名刺入れで定評がある人気シリーズです。同じCURRENTシリーズのお財布とセットで購入される方が多いようです。

吉田ブランドのビジネス戦略、ビハインドストーリーにご関心のある方は↓

③ CYPRIS(キプリス)

CYPRISは、1995年東京都墨田区で生まれた革製品や革鞄等を扱うオリジナルブランドです。

農耕馬のお尻の部分からわずかに得られる希少な革を使用しているので、シルキーな感触で、長らく使用することで革に味が出てくるのを楽しむことができ、国内ファンも多いブランドです。

イタリアのハイブリッドレザーに北斎模様を施したCESTINOシリーズの名刺入れです。

日本の職人の手によって一枚一枚レザーに北斎模様をプリントしているこだわりの逸品で、膨らみにくい薄型、インナーポケットの数が多いのが魅力です。

④ KITAMURA(キタムラ)

明治15年創業の老舗鞄メーカーKITAMURAは、3世代で愛用されている方も多いほど、品質の良さと上品さには定評のあるブランドです。

使うほど手に馴染むヌメ革で、トレンドマークの「K」が押されたデザインは、学生でも社会人でも年齢層関係なく無難に使用でき、長らく愛用できます。

⑤ 大峽製鞄(おおばせいほう)

大峽製鞄は、皇室御用達の老舗鞄メーカーで、皇室の薬箱や有名小学校のランドセルなども手掛けてきた歴史あるメーカーです。

80年の歴史を持ち、その間に文部大臣賞7回、東京都知事賞11回、通産大臣賞、経済産業大臣賞と数々の賞を受賞した功績もあるほど、その品質と品格の良さに国内ファンも多いブランドです。

ハイクラスの方こそ、自分にふさわしい名刺入れを持つべきというコンセプトのもと、作られた名刺入れは、縫製のよさはさすが一流の鞄メーカーと定評があります。

⑥ PELLE MORBIDA

雑誌『LEON』『モノ・マガジン』で活躍されたクリエイティブディレクターの干場義雅氏創業のブランドPELLE MORBIDAで、革製バックや小物を扱っています。

日本の素材、日本の職人技に拘るだけでなく、ファッションデザイナーのセンスが光るハイステータス感を感じさせる革小物が多い点が特徴です。

軽い上に薄くても頑丈なリザードレザーを使用しており、非常に高い耐久性があります。

容量に応じて厚さを変える笹マチ仕様のポケットなので、ポケットに入れてもかさばらない機能面もあります。

⑦ Crevaleathco

匠の熟練技術で目に見えない細部にまでこだわり抜く革職人や最高級な革製にこだわりを持つCrevaleathco

男性目線なら惹かれるデザイン性、機能性、品質の高さから、レザー製品にこだわりのある方におすすめしたいブランドです。

表部分は無地のスムースレザー(牛革)で、中にエキゾチックなクロコダイルレザーがあしらわれており、主張し過ぎない上品さを醸し出すデザインにドレッシーな印象を持つ名刺入れで特徴があります。

⑧ KUBERA 9981

明治23年(1890年)創業の鞄専門商社HAYASHI GOが展開するブランド「KUBERA 9981」です。

創業当時からハイカラな有産階級に向けた洋品を扱う商社で、伝統的な鞄づくりを今も保持しつつ時代の変遷に対応した魅力的なラインアップを取り揃えています。

鮫革やエイ革を使用した名刺入れは、希少価値があるだけでなく、傷つきにくい、経年変化を楽しめる素材で、専念されたデザイン性に長らく愛用できる逸品です。

名刺入れと反対側のポケットにはカードポケットがついていて、機能性も抜群です。

プレゼント対応可のおすすめオンラインギフトショップ

ここで合わせて、プレゼント対応可のオンラインギフトショップを2選紹介します。

ギフト購入に出かけられなくても、ギフト包装をして送ってもらえるので安心して手配をすることが可能です。

メイドインジャパンコレクトの【藤巻百貨】

“日本のものづくり”を誰よりも愛した藤巻幸大氏がそのメイドインジャパンの良さを日本全国へ、世界へ発信したいと設立された藤巻百貨

日本の職人、トップデザイナーたちが腕をふるう厳選された日本の逸品と出会うことができる貴重なサイトです。

会員登録者数は現在約10万人で大変ファンも多いのも、他のネットショップと一線を画したプレミアムなショッピングができる魅力があるからと言えます。

ギフト用に熨斗紙の対応、有償にてリボンラッピング対応が可能です。

ギフト専門セレクトショップ【TANP】

ギフト商品を取り扱っており、メーカーとのコラボでTANP限定ギフト商品も展開しているギフト専門セレクトショップです。

プレゼントのためのサービスが充実しており(下記のサービス)、安心してネットからの注文で、心あるプレゼントを安心して贈ることができます。

  • シーズンに合わせたラッピング
  • お渡し用紙袋付
  • お花の同梱
  • シーンに合わせたオリジナルメッセージカードの同梱
  • 住所を知らなくてもSNS・メールでプレゼントを贈ることができるeギフト

紹介名刺入れ8選の比較

ご紹介したメンズ名刺入れ8選を下記にまとめます。

ブランド他の製品を見る
TAKEO KIKUCHI
シェパード
日本牛革TAKEO KIKUCHI
PORTER
PORTER CURRENT
日本牛ステアPORTER
CYPRIS
CESTINO
日本牛革CYPRIS
KITAMURA
ステッチ名刺入れ
日本ヌメ革KITAMURA
大峽製鞄
カードケース
日本ジャーマン・シュリンクレザー
(牛革)
大峽製鞄
PELLE MORBIDA
リングトカゲレザーカードケース
日本トカゲ革PELLE MORBIDA
Crevaleathco
ブリランテ x クロコダイル
日本牛革・クロコダイルCrevaleathco
KUBERA 9981
ノンポリッシュ
日本鮫革、エイ革HAYASHI GO

アマゾンでお得に買い物する方法

アマゾンでお買い物をされるようであれば、下記の方法でお得に買い物をすることができます。

amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで少しでもポイントを多く貰うならAmazonチャージがオススメです。

現金でチャージすれば最大で、チャージ額の2.5%のポイント還元を得られ、ポイントでお買い物ができます。

AmazonPrime学生primeAmazonファミリー会員であるほどポイント還元率は高いのでおすすめです!

名刺交換で名刺入れとは何気なく相手の視界に入り、持ち主の第一印象を左右するだけに、こだわりを持って選びたいアイテムです。

名刺入れなら、ちょっと背伸びができるのもモノ選びの楽しみのひとつですので、一般的な尺度や人気ではなく、 自分の所有欲を満足させてくれることに拘ってほしいです。

タイトルとURLをコピーしました