【看護大学院受験】看護大学院受験予備校or独学の見極め方【受験勉強】

スポンサーリンク
だるまんの勝ち組コーチング

こんにちは、だるまんです。

看護大学院受験を決めたら、受験勉強はどうしたらいいのかを迷われることと思います。

選択肢としては、看護大学院受験予備校に通学するのか、独学にするのかの二者択一になります。

看護大学院受験予備校なら、少なく、受講料がかかる、通学時間もかかる…一方で、独学なら、費用はそれほど掛からないが、受験勉強方法が分からずに不安が先立つ…

そんな悩みを解決するための「看護大学院受験予備校と独学の見極め方」について、解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

受験予備校or独学の見極め方

予備校か独学かを決めるポイント2点

看護大学院予備校か独学かを決めるポイントは2つあります。

  1. 受験先をどこに定めているのか
  2. あなたの学習タイプ

それぞれについて、解説します。

1.受験先をどこに定めているか

大学院受験勉強の要は「英語試験」にあります。

特に、難関名門大学を目指される場合、英語試験のレベルもそれ相当で、合格するためには、その英語試験を高得点取得することが第一目標となります。

そこで、確かめて頂きたいのが、「志望校の英語試験レベルと、自分の英語レベルの差がどれくらい開いているか」です。

その差を知る手順はこちらです。

志望校の英語試験過去問を一度解いてみて、感触を確かめてみる。

その感触から下記の判断をすることができます。

  • かなり差がある⇒予備校を検討する
  • わからない単語が数個ある程度で、ある程度解ける⇒独学を検討する

2.あなたの学習スタイル

あなたの学習タイプで判断することもできます。

具体的にはこちらです。

  • 管理されたい、石橋を叩いて渡る安全主義なタイプ⇒予備校を検討する
  • 自己管理できる、しんどくても大丈夫な馬力タイプ⇒独学を検討する

上記のように、学習タイプによって判断するというのもひとつです。

予備校に向いていると思われるタイプ

ここで、学習タイプがよくわからないという方のために、予備校に向いていると思われるタイプをあげてみます。

看護大学院予備校に向いているタイプ
  • まとまた勉強時間が取れない
  • 勉強の方向性が全くつかめない
  • 勉強のスケジュール管理が難しい
  • 英語学習が不安である
  • 受験校の英語のレベルが高い
  • 情報収集する時間が取れない
  • 自分でコツコツ勉強できない

この場合、予備校を検討されてみることです。

自分で取り組めないなら、早めに察知して、他人の力を借り、他力依存することです。

そちらのほうが、早道で賢い選択であることもあります。

看護系大学院受験予備校とは?メリット・デメリット&予備校の見極め方をご参考ください。

予備校の学費は、高額なところが多いので、ペイした分、それ以上にテイクできる学習体系の価値があるのかどうか、無料体験学習に参加して自分の目で確かめてみてください。

独学に向いていると思われるタイプ

一方で、独学に向いていると思われるタイプをあげてみます。

独学が向いているタイプ
  • 自分で勉強をすすめられるタイプ
  • 英語力がある
  • 受験校の試験レベルがそれほど高くない
  • 試験科目が多くない
  • 時間の余裕がある

この場合は、独学を検討されてみることです。

独学方法に活用できる「おすすめの教材」をご紹介していますので、よろしければご覧ください。

受験勉強の日々は青春

独学にせよ、通学にせよ、どちらにしても的を外れない努力をすれば、必ず結果はついてきます。

人生におかれて、最も努力したと思える受験勉強の日々とは、ある意味、青春です。

誰もが巡り合えるわけではない、この時間を青春として、存分に楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました