【看護大学院受験】大学院進学したいのに、行くなと言われた…涙が止まらない!答えは、コレしかない!【大学院受験】

スポンサーリンク
だるまんの勝ち組コーチング

こんにちは、だるまんです。

前回の記事では、大学院進学をしたくないのに、進学しろと言われた時の対処法について解説しました。

今回は、その真逆、「大学院進学をしたいのに、行くなと言われた時の対処法」について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学院進学、行くなと言われたら

反対される真の理由

大学院進学をしたいと思い、親や親以外の家族にその思いを話してみたところ、意外なことに、反対された、難色を示されたということも、よく聞く話のひとつです。

その反対される理由の多くは、下記のような理由が挙げられます。

  • 現職場を辞めるのがもったいない
  • 固定収入がなくなる
  • 学費の工面ができるか
  • 子育てとの両立ができるか
  • 家事との両立ができるか

これらの理由の根底にあるものとは共通していて、「今の生活のリズムを守れるか」ということです。

社会人から学生に戻るということは、学業が最優先となるために、私生活ではそれなりに犠牲するものがでてきます。

例えば、週末のお出かけ、家族のお世話時間、食事の支度、趣味の時間、睡眠時間等などを短縮したりなくすことで、学業への時間を生み出すようになります。

つまり、家族の理解と支えがなくては、今ある生活リズムを維持していくことは、難しい面が大いにあるということです。

そのことに家族の理解がある場合、何よりもの強い味方となり、家族全員が「学位取得」という目標に一丸となって同じ方向に向かっているので、学業もプライベートも充実、円満に進んでいくものであると感じています。

では、その肝心な、親や親以外の家族から、寛大な理解と協力を得るためには、どうしたらいいのか

対処法

①この人ならできる

まずは、相手に言わせない自分であることです。

大学院進学を希望していると家族に伝えた時、日頃のあなたの生活態度や物事への取り組み方で、「この人ならできる」と思わせられるかどうか、です。

もし、心当たりがあるようであれば、今から、生活習慣を改め、家族から信頼される、期待される度合いを高める努力は、最低限しておくべきだと思います。

②当選できる選挙演説

つぎに、相手がYESと言わざる得ない、言わせない、熱意ある、心琴に触れるプレゼンをすることです。

きっと、大学院進学を希望する理由や学費の工面方法、在学中の過ごし方など具体的に説明はされていると思いますが、何より一番説得力のある内容は、コレです。

  • 大学院修士課程卒業後は、公務員試験を受けて公務員になる
  • 大学院修士課程でCNSやNPなどの資格を取得して、就職する
  • 大学院修士・博士課程進学後、大学教員になる

要は、卒業後にどのような未来図があるのかを具現化することです。

他に例えば、国会議員の選挙を思い出してみてください。

選挙演説では、実現可否は別問題として、「私が選挙で当選した暁には~」と必ずと言っていいほど、有権者に自らの未来予想図を言葉で強く押してきます。

これにならい、あなたも選挙の立候補者になったつもりで、相手に自分の未来予想図を具体的にアピールすることです。

それでも反対されたら?

反対されたとしても、自分の意志を折らず、納得してもらえるまで、説得し続けることです。

1回がダメなら3回、5回、10回でも、説明してみることです。

きっと、親や親以外の家族の方は、その説得力に折れるはずです、折れます。

その前に、自ら、決して、折れないことです。

なにせ、正しいことですから…

注意すべきこと

相手を説得するためのプレゼンをしようとするがあまり、言ってはいけない禁句ワードがあります。

「私、学業も子育ても家事も全部こなせるので、行かせてください」です。

これでは、まるで、自信満々でボクサーリングに上がって、数秒も立たずにKOで敗退するボクサーと同じです。

ただしくは「私は、どれも両立できません、だから助けてください。」と始めから頭を下げて入ることです。

自分を無理させないこと、自分ができる能力内で物事を解決できるのも限度がありますので、誰かの手を借りることを恥だと思わないことです。

まとめ

このことに限らず、家族と意見が対立すると、自我を押し通したり、相手の意見を受け入れられず、ぎくしゃくすることが多々あると思います。

そのような時に、立ち止まって、どうしたら円満に、物ごとを円滑に解決することができるのかと、考え方の視点を変えてみると、物ごとの流れは変わります。

物ごとを順調に解決するためには、自分の意志をたたむこと、ごまをすってみたり、機嫌を取るようなことが物事の解決ではなく、どうしたら相手がYESと言うのかを錬ってみるということです。

相手の心を動かせる、その言葉が何なのか、よくよく考えてみることです。

その為には、まず、相手以前に自分を知ること

自分を知れば、相手がなぜ反対しているのかがわかってきます。

それを改善することです。

さぁ、泣いてる場合じゃない、実践あるのみです。

タイトルとURLをコピーしました