【試験当日の対策 】面接試験での注意事項

スポンサーリンク
試験当日

試験当日の面接での注意事項についてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注意事項

礼儀礼節

面接官は、指導教授とその他の教授であることが多いです。ありきたりな話になりますが、社会人としての礼儀礼節ある言葉遣いや身振りに気を配ることです。

ビジネスカジュアルな服装

服装は、スーツでなければいけないことはないですが、あくまで面接であることを踏まえたビジネスカジュアルが望ましいと思います。

自分の考えを率直に伝える

面接では、看護系基礎知識に関する口答試験が問われるとは、あまり聞いたことはありません。質問内容の多くは、志望理由や卒業後の進路、学士論文の内容、臨床経験や希望研究内容などについてです。リラックスしてお話してきてください。

待ち時間対策

学校によっては面設備を別日に設けているところもありますが、ほとんどの学校が同日試験です。そのため、受験生1人あたり30分程度はかかります。

複数教員が同時進行で面接を進めたとしても、受験生の人数によっては2時間待つこともありえます。面接対策のメモや参考書などを持っていくことをお勧めします。

まとめ

緊張する時間だと思いますが、事前面接で聞かれたようなことを再度聞かれます。リラックスして受けてきてください。

だるまん
だるまん

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました♪次は「【当日】筆記試験の注意事項」です♪

タイトルとURLをコピーしました